梨大生インタビュー(工学部)

CAMPUS LIFE 梨大生の一日

サイバーセキュリティのスペシャリストを目指します。
樋川 卓也さん写真
甲府キャンパス
工学部【コンピュータ理工学科】 4年次
樋川 卓也さん (山梨県出身)

勉強が楽しくなるカリキュラム

情報科目に興味があり、地元でこうしたことが学べる山梨大学に進学しました。情報といっても実は幅広い分野なのですが、この学科ではその広い分野をすべてカバーするようなカリュキュラムが組まれています。どれを取ってみても面白く、勉強することが楽しくて、山梨大学に進学して良かったと思っています。また、まだ将来の進路が決まっていなくても、学んでいくなかで、自分の本当にやりたいことを探せるというのも魅力だと思います。

大学院に進学し知識を蓄えたい

今関心を持っているのはデータ分析です。3年次のとき、それぞれの学習分野を使って地域の課題を解決しようという授業がありました。僕が取り組んだのは、気象データからぶどうの成長を予測するというものでしたが、植物だけでなく、医療なども含めた幅広い分野に使えるデータ分析をとても興味深く感じました。卒業後は大学院に進学し、データ分析はもちろん、サイバーセキュリティ等の知識も備えたいと思っています。

研究に夢中になると時間が経つのを忘れてしまいます

朝10時半くらいに学校へ着くと、そのまま研究室に行き、ほぼ一日研究に取り組んでいます。大学では、KKIアシストという委員会活動に関わっていました。学科には所属学生が自由に使えるKKIという専用のコンピュータ室があり、そちらの管理・運営を学生が補助するというのがこの委員会の役割です。大学での4年間は、とても充実した日々でした。

登校

登校

通学は自転車で30分。朝は10時半くらいに大学に着きます。

授業

授業

今はほとんど研究室にいます。帰宅は18時くらいですが、夢中になると時間が経つのを忘れてしまいます。

昼休み

昼休み

昼は12時すぎに学食に行き、友人と昼食をとります。

放課後

放課後

研究の終わる時間は日によって違うので、終わったあとは真っすぐ帰宅します。

大学で学んだことを活かし、研究者や教員の道に進みたい。
川上 花音さん写真
甲府キャンパス
工学部【応用化学科】 3年次
川上 花音さん (静岡県出身)

幅広い化学の分野を学んでいます

理科が大好きで高校でも化学、物理を選択し、大学では幅広い化学の分野を学びたいと思っていました。山梨大学に進学したのは、この学科が自分の希望に合っていたこと、また親元を離れて一人暮らしをしてみたいという思いもあったからです。実際に学んでみると、授業は有機・無機・高分子化学や物理化学や化学工学と多岐にわたり、希望通りの幅広い勉強ができています。難しいこともありますが、楽しく学んでいます。

もっと深く学びたくなる教育環境

今はまだ研究室に配属されたばかりです。ここは有機系の研究室ですが、個人的には物理化学にも興味を持っています。物理というのは、ミクロな世界がどうしてできているのかを知るのが面白く、もっと深く学びたくなります。山梨大学には博識でどんな質問にも応えてくれる先生方がいらっしゃいますし、友だちや先輩も良い人ばかりで、とても恵まれた教育環境にあります。将来は、ここで学んだ知識を活かせる教師や、がんの治療法の開発に携わる研究者などの道をと考えています。

サークルを通して多くの方と関わりを持つことができました。

競技百人一首部の部長をしながら、アカペラ部でも活動していました。百人一首部は地域の方や小学生を招いて、いろいろな方と試合をしましたし、アカペラ部はショッピングモールのイベントで歌ったり、他の大学と合同発表会もありました。こうしたサークル活動を通して多くの方たちと関わりを持てたことをうれしく思っています。

登校

登校

朝、9時頃、親にプレゼントしてもらった電動アシスト自転車で大学に来ます。

授業

授業

今は、だいたい午後3時から4時くらいまで授業になります。

昼休み

昼休み

学科の友だちと学食で食事をします。

放課後

放課後

夕方6時頃まで図書館で自主学習します。週に3回は塾教師のアルバイトに行っています。

※インタビューは2019年1月に実施したものです。 (所属・年次等は当時のもの)