梨大生インタビュー(医学部)

CAMPUS LIFE 梨大生の一日

病気を治すだけでなく精神的なケアもできる医師になりたい
杉山慎太郎さん写真
医学部キャンパス
医学部【医学科】3年次
杉山 慎太郎さん (栃木県出身)

高校時代に将来の進路を考えた時、頭に浮かんだのは、小さな頃、入院が辛くて駄々をこねる僕を優しく面倒みてくれた先生のことでした。あのような医師になれたらと、そんな気持ちで医学部に進みました。
2年の後期までは、医学を学ぶ際の基礎となる人体の正常な構造などを学習してきましたが、3年になって疾病や疾患について学ぶようになり、とても興味深く勉強しています。今は、病気の仕組み等などを集中して学ぼうと思っています。実習はもう少し先になりますが、山梨大学医学部には救急車実習というのがあり、僕も消防署に24時間待機して、救急車出動の時に同行させてもらいました。こうした経験をすると、やはりモチベーションがあがります。医学部というと机にかじりついて勉強するイメージがありますが、山梨大学はサークル活動も盛んですし、研究に興味を持つ学生のためのコースもあり、自分で学び方を選べるのが魅力です。将来は、病気を治すだけでなく、精神的なケアもできる医師になりたいと思っています。

放課後は部活や家庭教師のアルバイト

部活は硬式テニス部で活動しています。今はオフですが、春・夏は週3回ほど朝練と放課後の練習があります。山梨大学は勉強も思い切りできる、部活も盛んですから、勉強のあとは部活で運動、終わったら友だちと遊ぶなど充実した学生生活が送れます。医学部は全国から学生が集まっているの、いろいろな友人ができるのも楽しいと思います。

登校

登校

通学は自転車で10分弱。授業の始まる5分前くらいに大学に着きます。

授業

授業

午前は9時から12時。午後は1時から4時20分まで授業です。

昼休み

昼休み

昼食は病院内の食堂でとることが多いです。

放課後

放課後

部活のある日は5時から6時まで練習。そのあと7時から家庭教師のアルバイトに行く日もあります。

患者さんと家族の心に寄り添える看護師になりたいです。
今村容子さん写真
医学部キャンパス
医学部【看護学科】3年次
今村 容子さん (山梨県出身)

高校2年の時、父にすい臓がんが見つかりました。もう治療もできない状態でしたから緩和ケアを受けたのですが、そこで出会った看護師さんは父の苦しい思いを聞いてくださり、私たち家族にも寄り添ってくださいました。その姿に感動したのが、私が看護師をめざしたきっかけです。
3年生になって実習が始まり、最初に感じたのは、基礎となる勉強をきちんとやっておくことの大切さでした。2年間学んできても、まだ知らない病気はたくさんありますし、同じ病気でもそれぞれの患者さんによって症状の出方が違いますので、経験のない私は手探り状態で、先生の指導を仰ぎながらの毎日です。病棟での実習が終わると、図書館で文献を調べ、知識を深め次の日のケアに繋げています。
将来は、父を看てくださった看護師さんのように、患者さんと家族に寄り添える看護師になり、がんの看護専門の看護師、認定看護師の勉強もしていきたいと思っています。

女子バスケット部のマネージャーとして活動しています。

朝は8時に病棟に行き、実習が終わるのは、午後4時頃になります。実習のグループは6人ですが、それぞれの個性があり、友だちから学ばせてもらうことがたくさんあります。サークルは女子バスケット部のマネージャーをしています。部活は週3回で、2~3ヶ月に一度、大きな大会もあります。現在、部員募集中!興味のある方はぜひ来てください。

登校

登校

自宅から自転車で登校しています。

授業

授業

今は病棟で実習です。患者さんは心のケアも大切なので、お話はしっかり聞くようにしています。

昼休み

昼休み

昼休みは一応1時間となっていますが、患者さんのケアに合わせて調整しています。

放課後

放課後

実習が終わると家に戻って食事をすませ、また大学に来て、図書館で調べものをしたりします。

※インタビューは2018年1月に実施したものです。 (所属・年次等は当時のもの)