高等教育の修学支援新制度(授業料等減免と給付型奨学金)

高等教育修学支援新制度の対象機関の認定について

高等教育の修学支援新制度では、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、一定の要件を満たすことの確認を受けた大学等(確認大学等)を対象機関とすることとしており、本学も対象機関として、令和元年9月20日に認定されました。

法律第7条第1項の確認に係る申請書

令和2年4月から、支援措置の対象となる学生については、入学料・授業料の減免や日本学生支援機構(JASSO)の給付型奨学金の支援を受けることができます。 

制度の概要や認定の要件等、詳細については、文部科学省やJASSOの以下のWebサイトにてご確認ください。

高等教育の修学支援新制度(文部科学省)

奨学金の制度(給付型)(JASSO

【重要】令和2年4月から始まる高等教育の修学支援新制度について

 〇令和2年4月から在学採用の申込みが始まります。
  令和元年度に実施した予約採用(進学前)や在学予約採用(在学中)で申し込めなかった方であっても、4月以 
   降の在学採用で申し込むことができます。(新制度ではどちらで申し込んでも支援内容や基準は変わりません。)

 〇9月以降に令和2年度2回目の在学採用を実施する予定です。
      この場合、令和2年6月に確定した市町村民税情報に基づき、家計の経済状況に関する基準を満たすかの判定を
   行います。したがって、それまで要件を満たしていなかった方でも、支援の対象となる可能性があります。(支援
   は10月分から開始します。)

 〇授業料等減免と給付型奨学金(生活費)を併せた手厚い支援が本制度の特徴です。
      無利子貸与奨学金との併給に制限がかかることにより手元に入る現金が減ることを理由に、本制度への申込みを
   避けるケースもあると伺っています。このような方には、ほとんどの場合、授業料等減免と給付型奨学金との支援
   を併せて受けることにより、全体としては今までより大きな支援を受けられることを理解いただくことが大切であ
   ると考えています。

 〇本制度に少しでも興味を持った方には、ぜひ、こちらを!
      より多くの学生・生徒やその保護者の方々に、本制度のことを知っていただけるよう、文部科学省と日本学生支
   援機構において次のコンテンツを用意しています。是非ともご覧ください。また、昨年9月に配布したリーフレッ
   ト「学びたい気持ちを応援します」の更新版も3月に配布する予定ですので、ご活用ください。

      文部科学省 特設ホームページ 「学びたい気持ちを応援します」 (制度全体の概要をご案内しています。)     
      https://www.mext.go.jp/kyufu/

  日本学生支援機構 進学資金シミュレーター 「給付奨学金シミュレーション」 (自身が対象となるかなどを大ま
   かに調べられます。)
      https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

 

授業料免除制度・高等教育の修学支援新制度(授業料減免)

  令和2年度から授業料免除制度が変わります

◆高等教育の修学支援新制度(授業料減免)について

    令和2年4月以降に本学に学部生(留学生・大学院生を除く)として在籍の方は

     ・授業料等の減免
  ・日本学生支援機構の給付型奨学金の給付(原則返還が不要の奨学金)

        の2つの支援を受けることができるようになります。

この制度による支援を受けるには、日本学生支援機構の給付型奨学金に申請し、採用されることが必要です。
支援の対象学生に採用されると奨学金の支援区分により、授業料・入学料(新入生のみ)の減免額と給付型奨学金の支給を受けることができます。

 ただし、授業料免除の申請手続きも別途必要です。現在、CNSの掲示により案内しています。

※今まで本学の授業料免除制度を利用されていた方も対象です。

※授業料等減免の新制度と新しい給付奨学金制度の対象者の要件は同じですので、給付型奨学金の対象となる方は、授業料等減免の対象にもなります。

高等教育の修学支援新制度による令和2年度前期分授業料免除申請について

 高等教育の修学支援新制度による令和2年度前期分授業料免除申請について、申請書類を大学のホームページへ掲載いたしましたのでお知らせします。
 下記URLから「授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(A様式1)」をダウンロード(両面印刷)してご使用ください。
 大学ホームページ
 https://www.yamanashi.ac.jp/campuslife/345 

 
 授業料免除を申請予定の方で、まだ給付奨学金の申請をしていない対象者(申込資格、選考基準を満たす方)は、必ず給付奨学金の申請手続をしてください。詳細は別途、CNSの掲示でお知らせします。 
 
   在学生【申請書類≪受付≫期間】
       令和2年3月23日(月)~3月26日(木)
     9:00~17:00
    (ただし、12:00~13:00を除く) 
 
   新入生【申請書類≪受付≫期間】
       令和2年4月8日(水)~4月9日(木)
     9:00~17:00
    (ただし、12:00~13:00を除く) 
 
【申請書類≪受付≫場所】
   甲 府:総合研究棟会議室(甲府キャンパスY号館2階)
   医学部:医学部保健管理センター会議室(医学部キャンパス管理棟1階)

【注意】
 申請時には、「授業料等減免の対象者の認定に関する申請書」と併せて、申請結果を送付するための返信用封筒 ≪長形3号封筒(12cm×23.5cm)に住所・氏名・郵便番号・学籍番号を記入し84円切手を貼付したもの≫を提出してください。

  甲府キャンパス学生支援課(055-220-8053、8054)
  医学部キャンパス学務課(055-273-9334)

 

奨学金・高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金)

◆高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金)について

 令和2年4月以降に本学の学部生(留学生・大学院生を除く)として在籍の方は

  ・授業料等の減免
  ・日本学生支援機構の給付奨学金の給付(原則返還が不要の奨学金)

 の2つの支援を受けることができるようになります。

この制度による支援を受けるには、日本学生支援機構の給付型奨学金に申請し、採用されることが必要です。
支援の対象学生に採用されると奨学金の支援区分により、授業料・入学料(新入生のみ)の減免額と給付型奨学金の支給を受けることができます。

  ※支援は3つの区分により免除額、奨学金支給額が3段階となります。 

 〇令和2年4月からJASSOの給付奨学金の在学採用の申込みが始まります。
 令和元年度に実施した予約採用(進学前)や在学予約採用(在学中)で申し込めなかった方であっても、4月以降の在学採用で申し込むことができます。
  入学料・授業料の減免を希望する方で、まだ申し込んでいない方は、必ずJASSOの給付奨学金の在学採用に申し込んでください。
  給付奨学金の説明会を下記の日程で開催しますので、希望者は必ず出席してください。
  申請書類等は会場で配付します。やむを得ず説明会に出席できない方はご相談ください。

 【日程】予定どおり実施します。
 ・甲府キャンパス
  <学部新2年生以上(医学部新2年生以上除く)>
  日時:4月1日(水)14:30~
  場所:M-12教室
       <学部新1年生、専攻科生>   
  日時:4月10日(金)16:00~             
             
             17:00~    
  いずれか一方に参加してください。  
  場所:M-12教室

 ・医学部キャンパス
  <医学部新2年生以上>
  日時:4月3日(金)17:00~
  場所:看護学科教育研究棟1階 8107教室 
 【担当】
  甲府キャンパス:学生支援課 055-220-8054(8053)
  医学部キャンパス:学務課 055-273-9346

 
 (参考)高等教育の修学支援新制度 特設ホームページ 
    https://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm
      学生等向けリーフレット(令和2年4月からの在学採用を案内)
      https://www.mext.go.jp/kyufu/assets/file/20200305_mxt_kouhou02_02.pdf
 
   ※申請には収入・資産や学業成績等の要件を満たす必要があります。 
       収入は日本学生支援機構HPのシミュレーターで確認できますので、事前に対象となれるかを確認しておいてください。