学生支援について

1 学費・奨学金・授業料免除等

2 特別待遇学生制度について

学業成績が特に優れ、かつ、人物優秀であると認められる学部生(最終年次)に対し、特別待遇学生として最終年次の後期分授業料を全額免除する制度があります。

平成28年度免除者の内訳(人)

教育人間科学部 3
医学部 4
工学部 7
生命環境学部 3

3 学業成績優秀者表彰制度

hyosyo_h27

学業において特に優秀な成績を修め、かつ本学学生の模範となると認められる学部生(3年次・医学部4年次)を表彰し、副賞として奨学金を授与する制度があります。

4 学生保険制度について

授業中、課外活動等学生生活における万一の事故及びインターンシップ・教育実習・臨床実習等での不慮の事故により賠償責任が発生した場合などに対応できる「学生保険」に必ず加入してください。大学内で扱っている保険もあります。
なお、詳細については、それぞれの窓口が対応しますので、随時お問い合わせください。

※保険の有効期間には十分に注意してください。特に、留年や休学をしたことにより在学期間が当初の予定よりも伸びた場合には必ず有効期間を確認するようにしてください。

教育研究活動中のみ補償される保険

教育研究活動中(正課中、学校行事中、学校施設内・施設外で大学に届け出た課外活動中、通学中)のみ補償される保険です。

学生保険制度について
学生教育研究災害傷害保険(公式HP) + 学研災付帯賠償責任保険(公式HP

災害傷害保険は急激かつ偶然な外来の事故によって、身体に損害を被った場合に、保険金が支払われます。
賠償責任保険は他人にケガをさせたり、他人の物を損壊したことによる損害賠償について保険金が支払われます。
【問い合わせ先】教学支援部学生支援課奨学担当グループ(Tel . 055-220-8053・8054)

教育研究活動中以外の日常生活も補償される保険

学生教育研究災害傷害保険 + 学研災付帯学生生活総合保険
学生教育研究災害傷害保険(公式HP) + 学研災付帯学生生活総合保険(公式HP

学研災への加入が条件となっている総合保険です。学生自身のケガや病気、不慮の事故により保護者の方々に万一の場合が生じたときの学業費用などの補償を中心に、学内外で発生する様々な危険を総合的に補償する保険です。
【問い合わせ先】学生生活総合保険相談デスク(Tel. 0120-811806)

学生総合共済 + 学生賠償責任保険
学内外で発生する様々な危険を総合的に補償する保険です。
【問い合わせ先】山梨大学生活協同組合 (公式HP)(Tel. 055-252-4757)

学生総合補償制度(子ども総合保険)
学内外で発生する様々な危険を総合的に補償する保険です。
【問い合わせ先】文教インシュアランス(Tel. 0120-740859・313215)

5 学生相談体制

学生の皆さんからの様々な相談に応じられるよう、本学には複数の学生相談窓口があり、困りごとや心配ごとなどで誰かに助言を求めたいときは、何でも気軽に相談することができます。

学生相談窓口

6 障害学生の修学支援体制

障害学生修学支援室

障害学生修学支援室は、障がいのある学生の修学支援に関する相談窓口です。支援が必要な学生と教職員・ 学生サポーターをつなげ、円滑に学生生活を送り、学ぶことのできる環境づくりを目指しています。学生からの 相談だけではなく、保護者や教職員の方からの相談にも応じています。

7 学生寮

遠距離のため通学が困難等の理由により修学に支障があると認められる学生のために学生寮が設置されています。

8 アパート・マンションの紹介

アパート・マンションなどの住居を必要とする学生に対して、山梨大学生協が紹介業務を行っています。賃貸条件は建物の種類や設備によって異なりますので、詳細等については山梨大学生協までお問い合わせください。

山梨大学生協HP

9 アルバイトの斡旋

キャリアセンター掲示フロアー(甲府キャンパス)及び、学務課窓口(医学部キャンパス)で家庭教師求人票を閲覧して、斡旋を受けることができます。

10 学生のための危機管理マニュアル

このマニュアルは、皆さんが学生生活を送る中で、「身近に発生するトラブルや事故を未然に防ぐためのふだんからの心がけ」、「事故等に遭遇した場合の初歩的な対応」、「心や身体の悩みの相談方法」、「災害での対応」等をまとめたものです。

危機管理マニュアル(PDF)

11 学生生活案内

「学生案内」は、キャンパスの基礎知識や、サークル等の課外活動、奨学金などの経済的支援など、学生生活を送るために必要なことが書かれています。

学生生活案内