山梨大学SDGs 持続可能な未来のために!

研究

01-貧困をなくそう02-飢餓をゼロに03-すべての人に健康と福祉を04-質の高い教育をみんなに05-ジェンダー平等を実現しよう06-安全な水とトイレを世界中に07-エネルギーをみんなに。そしてクリーンに08-働きがいも経済成長も09-産業と技術革新の基盤を作ろう10-人や国の不平等をなくそう11-住み続けられるまちづくりを12-つくる責任、つかう責任13-気候変動に具体的な対策を14-海の豊かさを守ろう15-陸の豊かさも守ろう16-平和と公正をすべての人に17-パートナーシップで目標を達成しよう 全てのカテゴリー

  • 水と環境:教育×研究の連動で未来のくらしと社会を共創
    国際流域環境研究センター
    03-すべての人に健康と福祉を06-安全な水とトイレを世界中に08-働きがいも経済成長も11-住み続けられるまちづくりを13-気候変動に具体的な対策を15-陸の豊かさも守ろう
    キーワード:水、共(コモン)、環境学、公衆衛生学、社会学、経済学、情報科学、 ⼈⼝減少、移住、災害、オンサイト、オンデマンド、安全保障、ネパール、ガーナ

    大学院教育プログラム(PGP, 文科省)、国内SDGs達成支援(SOLVE for SDGs, JST)、国外SDGs達成支援(aXis, JST)などの事業を… 詳細を見る

  • 大気中微量化学成分の動態と気候及び森林環境への影響
    大学院総合研究部生命環境学域
    准教授 松本 潔
    03-すべての人に健康と福祉を13-気候変動に具体的な対策を15-陸の豊かさも守ろう
    キーワード:気候変動、大気汚染、大気圏生物圏相互作用、エアロゾル、雲、大気沈着物、大気微量成分

    エアロゾルは太陽光を散乱・吸収し気候に影響を及ぼします。また、地表への沈着の結果生態系に様々な物質を供給します。フィールド観測により、大気中におけるエアロゾルの… 詳細を見る

  • 冷暖房機器の省エネ設計に役立つ気流の温度速度分布計測技術
    大学院総合研究部工学域
    准教授 舩谷 俊平
    07-エネルギーをみんなに。そしてクリーンに09-産業と技術革新の基盤を作ろう13-気候変動に具体的な対策を
    キーワード:可視化計測、温度計測、速度計測、流体計測、PIV、LIF

    冷暖房機器の省エネ設計においては、様々な様々な温度分布計測技術、速度分布計測技術が必要となります。そこで当研究室では、様々な感温蛍光体計測技術、レーザー可視化計… 詳細を見る

  • 植物の環境ストレス応答と対策
    大学院総合研究部生命環境学域
    助教 黄瀬 佳之
    02-飢餓をゼロに13-気候変動に具体的な対策を15-陸の豊かさも守ろう
    キーワード:植物、気候変動、大気汚染、成長、緩和、適応、モデル、シミュレーション

    植物は気候変動などの環境要因の悪影響(ストレス)を受けています。将来にわたって植物の有する有益な機能(食料生産、温暖化防止など)を維持するために、植物栽培試験や… 詳細を見る

  • 再生可能エネルギーを活用した農業用空調システムの開発
    大学院総合研究部工学域
    准教授 鳥山 孝司
    07-エネルギーをみんなに。そしてクリーンに09-産業と技術革新の基盤を作ろう11-住み続けられるまちづくりを12-つくる責任、つかう責任13-気候変動に具体的な対策を
    キーワード:地下水、農作物用空調、省エネルギー、再生可能エネルギー

    本農業用空調システムは、地下水を熱源として暖房や冷房を行うという、従来方式よりも省エネルギーかつ環境負荷の少ないものである。太陽光などの再生可能エネルギーも活用… 詳細を見る

  • 金属の材料特性改善に関する研究
    大学院総合研究部工学域
    教授 中山栄浩・助教 猿渡直洋
    09-産業と技術革新の基盤を作ろう11-住み続けられるまちづくりを12-つくる責任、つかう責任13-気候変動に具体的な対策を
    キーワード:アルミニウム合金、マグネシウム合金、ステンレス鋼、熱処理、強ひずみ加工、窒化処理、微細構造、機械的性質

    限りある金属資源を有効利用するためには、その金属材料が持つ特性を最大限に活用する必要があります。金属の材料特性の改善および付随する工程の改良に関して研究を行って… 詳細を見る

  • 高効率なBaSi2太陽電池の開発
    クリスタル科学研究センター
    准教授 原 康祐
    07-エネルギーをみんなに。そしてクリーンに09-産業と技術革新の基盤を作ろう13-気候変動に具体的な対策を
    キーワード:太陽電池、半導体、薄膜

    より高効率で安価な太陽電池の実現を目指して、新しい光吸収材料を利用した太陽電池の開発を行っています。また、要素技術として、高品質な薄膜を高い生産性で作製する手法… 詳細を見る

  • 微生物を活用した資源循環型農業の推進
    大学院総合研究部生命環境学域
    准教授 片岡 良太
    02-飢餓をゼロに12-つくる責任、つかう責任13-気候変動に具体的な対策を15-陸の豊かさも守ろう
    キーワード:資源循環型農業、土壌クオリティ、土壌・植物微生物、汚染物質の浄化、未利用資源 農業と環境

    微生物の生態と機能を少しでも理解したいと考えています。また、得られた知見を土壌クオリティ向上や農業生産、資源循環型農業に活かしたいと考えています。 &… 詳細を見る

  • 持続可能な「ブドウの生産性・果実品質の向上」
    大学院総合研究部生命環境学域
    助教 榎 真一
    02-飢餓をゼロに08-働きがいも経済成長も09-産業と技術革新の基盤を作ろう13-気候変動に具体的な対策を15-陸の豊かさも守ろう
    キーワード:ブドウ、栽培省力化、温暖化対策、生育メカニズム、遺伝子機能

    日本固有品種「甲州ブドウ」の全ゲノム比較解析による品種特性評価、ブドウの生長を制御する遺伝子メカニズム解明による栽培省力化、地球温暖化による果実着色不良に対応す… 詳細を見る

  • 燃料電池と水素製造の高効率・高耐久化
    クリーンエネルギー研究センター
    特任教授 内田 裕之
    07-エネルギーをみんなに。そしてクリーンに13-気候変動に具体的な対策を
    キーワード:燃料電池、水素製造、電極触媒

    出力変動の大きな再生可能電力で高効率に水素製造・貯蔵する。水素は燃料電池自動車やアンモニア製造等に供給するほか、必要な時に燃料電池で高効率に発電できる。これらに… 詳細を見る

山梨大学は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。 やまなしSDGsプレジェクトの推進パートナートしてともに進めています