インフラ長寿命化計画

 本学は、大学施設・附属病院施設・附属学校園施設等の多様な施設を保有・管理しています。
 これらの施設は、大学の教育・研究・医療活動を支える重要な基盤であり、これまでも施設安全パトロールにより施設の劣化、損傷等の老朽化の状況を的確に把握した上で、中長期修繕計画を立案し、計画的に維持管理を行ってきましたが、維持管理に必要な予算(運営費交付金や施設費交付金等)の減少等により従前以上に計画的な修繕が困難な状況になっています。
 また、施設の建設・維持管理には、長い日照時間と大きい気温較差など建物劣化が促進される山梨県特有の気候への配慮が必要です。
 よって、対象施設の重要度や優先度及び予算の平準化やトータルコストの縮減等を加味した総合的な計画の立案と、同計画に基づく効果的・効率的な維持管理の実施により施設の長寿命化を図り、良好な状態の維持や安全・安心の確保に努めていく必要があります。
 このため、山梨大学として、「文部科学省インフラ長寿命化計画(行動計画)」を踏まえ、「山梨大学インフラ長寿命化計画(行動計画)」及び「山梨大学インフラ長寿命化計画(個別施設計画)」を公表します。

インフラ長寿命化計画に関する問い合わせ先 
本学のインフラ長寿命化計画に関する各種お問い合わせについては、施設・環境部施設企画課にTELまたはE-Mailにて問い合わせ下さい。
TEL:055-220-8501
E-Mail:skikaku@(アットマーク)yamanashi.ac.jp

インフラ長寿命化計画
 ・インフラ長寿命化計画(行動計画)・(個別施設計画(抜粋))