コンプライアンス

コンプライアンスに関する取組み

 本学は、健全で適正な大学運営及び本学に対する社会的信頼の維持に資することを目的として、以下の規程、指針等を定め、それらに基づきコンプライアンスを推進しています。

 ・国立大学法人山梨大学コンプライアンス推進規程(PDFファイル)
 ・公益通報について(PDFファイル)
 キャンパス・ハラスメントの防止について
 ・研究活動に関する不正防止について

1 本学におけるコンプライアンス

 本学におけるコンプライアンスとは、「法令、本法人の規則及び教育研究固有の倫理その他の規範を遵守し、一人一人が本学を代表するものとして誠実かつ公平・公正に職務を遂行し、高い倫理観に基づき良識ある行動をとること。」

2 本学の役職員の倫理指針及び行動指針

 山梨大学役職員の職務に係る倫理の保持に資するため必要な措置を講ずることにより、職務の執行の公正さに対する国民の疑惑や不信を招くような行為の防止を図り、もって本学の業務に対する国民の信頼を確保することを目的とし、以下のとおり倫理指針及び行動指針を定める。

1.山梨大学役職員は、大学の使命を自覚し、本学が掲げる基本理念を実現するため、教育、研究、医療及び社会貢献活動に真摯に取り組みます。
2.山梨大学役職員は、法令及び学内諸規程等を遵守するとともに、社会の規範と自らの良心に従い、常に高い倫理観を持って誠実に行動します。
3.山梨大学役職員は、一人ひとりの人権と人格を尊重し、差別、偏見及びハラスメントにつながる言動は行いません。
4.山梨大学役職員は、学生教育においては、学生の人格・意見を尊重しながら、豊かな人間性、高い倫理観、幅広い教養を身につけさせ、高度で専門的な知識・技能を修得した人材育成を目指します。
5.山梨大学役職員は、研究活動の実施及び研究成果の発表においては、高い倫理観をもって、研究・調査データの捏造、改ざん、盗用などの不正行為を排除し、常に正直・誠実に判断し、行動します。
6.山梨大学役職員は、常に地域社会及び地域医療への貢献や連携を考え、地域社会の一員としての責任を果たすとともに、積極的な情報発信・公開を通じて、本学に対する理解や信頼の確保に努めるよう行動します。

3 コンプライアンス推進体制

責任体制 職名 職務と権限
最高管理責任者 学長 コンプライアンスの推進に関する業務を統括し最終責任を負う。
コンプライアンス総括管理責任者 理事(総務担当) 最高管理責任者を補佐し、コンプライアンスの推進に関する業務を実質的に統括する。
コンプライアンス推進責任者 学域等の長 当該部局におけるコンプライアンスの推進に関する業務を行う。

4 コンプライアンス違反防止体制

 本学は、コンプライアンス違反を防止するため、以下の措置を行っています。(詳細は、国立大学法人山梨大学コンプライアンス推進規程第5条から第12条までを参照。)
 ・コンプライアンス推進体制の整備
 ・教職員・学生への研修・教育
 ・内部監査の実施
 ・内部監査結果のフィードバック
 ・内部通報・外部通報窓口の設置

5 コンプライアンス通報窓口等

 本学では、教職員等がコンプライアンス違反や違反するおそれのある事実を把握した場合に、学域等の推進責任者(学域等の長)に報告するものとしています。(詳細は、国立大学法人山梨大学コンプライアンス推進規程第11条を参照。)

 また、その事実を知った当該教職員等及び学生は、学域等の推進責任者(学域等の長)以外に、次に掲げるいずれかの通報窓口に通報することができることとしています。(詳細は、国立大学法人山梨大学コンプライアンス推進規程第12条を参照。)

 ・当該事実の関係規則に定める通報窓口
 ・国立大学法人山梨大学公益通報者保護等に関する規程に定める通報窓口
 ・監事

6 通報等があった場合の対応

 通報等があった場合は、速やかに調査を行い、必要な措置を行うことを規定しています。(詳細は、国立大学法人山梨大学コンプライアンス推進規程第14条から第16条までを参照。)