平成28年度卒業式式辞

 本日、山梨大学の学部・専攻科・大学院の卒業式・修了式を迎えた1,107名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 また、この晴れの日を心待ちにしてこられたご両親をはじめ、ご家族の皆様方には、教職員一同心からお祝いを申し上げます。
 後藤知事をはじめとするご来賓の皆様、並びに地域の皆様方にはご多忙の折、ご臨席を賜り誠に有難うございます。

 今日の佳き日を迎え、夢を抱いて入学されてからの学生生活はあっという間に過ぎ去ったと感じている人が多いのではないかと思います。この間、皆さんは、日々学問の研鑚を通じ、多くの知識や論理力、実験のスキルや医療技術を修得、様々な苦難を乗り越えながら、大きく成長されたものと思います。また、部活動やサークル活動を通じて尊敬する師や先生、先輩、同輩、後輩など様々な出会いがあり、かけがえのない友人を得て友情を育み、様々なよき思い出をつくられたものと思います。

 皆さんが在学中、山梨大学での大きな出来事としては、本学、学芸学部、現教育学部卒業生である大村智先生が2015年ノーベル医学・生理学賞を受賞されたことです。あらゆる面で山梨大学は大いに沸きました。大村先生からノーベル賞の賞金の一部をご寄附いただき、これをもとに山梨大学大村智記念基金を創設し、優秀な入学生18名に対して給付型の奨学金の授与を行いました。先生に本学では初めてとなる特別栄誉博士号をお贈りしたり、先生の胸像を図書館玄関ホールに設置、外からでもご覧いただけるように配慮してあります。今後はご寄附いただいた記念基金をもとに大村記念ホールの建設を進めていきたいと考えています。

 さて、現在、世界情勢を眺めてみますと激動の真只中にあります。アメリカでは昨年11月泡沫候補といわれていたドナルド・トランプ氏が大統領に当選、世界を驚かせました。メキシコ国境の壁建設、TPPの離脱などかつてのアメリカでは考えられなかったような過激な保護主義政策がAmerica first, make America great againの標語のもと推進されています。アメリカ以外の国々にとっては不安視される政策ではありますが、アメリカ国内では意外なことに支持率も約半数あり、株価も最高値を更新しています。ヨーロッパでもBrexitという英国がEUを離脱する事態となり、やはり移民問題を契機にフランス、ドイツなどでは極右政党が躍進しており、本年の選挙結果が懸念されるところです。先週行われたオランダの選挙では、極右政党の躍進は一応止められ、世界は一安心しているところです。一方、アジアでは、中国のアジア海洋進出が懸念され、特に北朝鮮の核開発、ミサイル問題は身近に迫った我が国の危機となっています。

 我が国では安倍首相がトランプ大統領といち早く会談を行ったり、積極的平和主義を掲げ、諸外国と連携し、これらの危機に備えるとともにアベノミクスの成功により20年間デフレ状態にあった景気が緩やかに回復しつつあります。第1の矢である金融改革、第2の矢である財政政策に一定の成功は収めましたが、構造改革、イノベーションを含む第3の矢である成長戦略はまだまだ道半ばです。

 現在、世界では第4次産業革命が急速に進んでいます。これはいわゆる超スマート社会を目指したものでCAMBRICS、すなわちCは、クラウドコンピューティング、AはAI、Mはmobile、Bはbig data、Rはrobotics、IはInternet of Things、CSはciber securityです。この急激な進歩に関しては日本は残念ながら米国に比べて周回遅れ以上です。皆さんはこの混沌とした、しかも猛スピードで進んでいく世界の荒波のなかに船出していくことになります。どうか自分を信じ、勇気をもって自分なりの人生ストーリーを紡ぐために漕ぎ出してください。われわれ山梨大学は皆さんの母校、港としていつでも適切な支援と生涯学習の場を提供できるよう、教職員一同力を合わせて皆さんと進んでいきたいと思っています。

 ところで今年も卒業生のなかに世界各地の6か国から44名の留学生がいます。留学生の皆さんのためにここから英語でスピーチします。

 Among today’s graduates are 44 international students from 6 different countries.
 You have made it to this day after studying hard, and overcoming the differences in language, lifestyle and food here in Japan.
 I congratulate you on your great efforts, and I wish you every success in your future endeavours.
 I hope that you will look back on the time you had here in Yamanashi with fondness, and treasure the memories of the people you met and the things you learned at our university.
 Thank you.

 最後になりましたが、大村先生の「腹中有書」にも書き留められた言葉「幸運は高い志を好む」を皆さんに贈りたいと思います。高い志をもって努力し続ければ必ず幸運は向こうからやってくる、ということです。皆さんの健闘を祈り、わたくしの式辞と致します。

平成29年3月23日
国立大学法人山梨大学
学長 島田眞路