公開講座(2017)

公開講座

受講を希望される方は、各講座の募集要項をご覧になりお申し込みくださるようご案内します。

2017年度開講予定科目

エコール・ドゥ・スポーツ-楽しいスポーツ教室(後期)(募集要項を掲載しました。)
すこやかに生きる(募集要項を掲載しました。)

Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無償でダウンロードすることができます。

エコール・ドゥ・スポーツ

科目名 2017年度楽しいスポーツ教室(後期)-エコール・ドゥ・スポーツ- 
・医学部(中央市)サッカー(医学部キャンパス) ・甲府サッカー(甲府キャンパス)
・柔道/護身術(甲府キャンパス)
講座の概要 本講座は、スポーツに親しむ機会を提供し、スポーツの楽しさを知ることや仲間同士で健やかな時間を過ごすことをねらいとします。
またそれぞれの種目ごとに、それぞれのやり方で技術の上達をめざしよりその種目の楽しさを深めてもらいたいと思います。
・1種目コース
・2種目コース(各種目2つ受講可能)
・3種目コース(各種目3つ受講可能)
※ 柔道・護身術コースは、基礎としての型や動きのポイントを中心に日常生活への応用を考えて講習します。
※ 医学部キャンパスグラウンド(中央市)はVF甲府がトップチーム練習用に天然芝を整備した素晴らしいものです。
※ 傷害保険は、必ず各自で加入願います。
実施期間
及び時間
2017年11月 〜 2018年2月  土曜日 10:00~12:00
(柔道3回・甲府サッカー4回/医学部(中央市)サッカー4回)
※ 
各種目の重複受講は可能です。ただしサッカーと柔道とが開講日の重なる場合があります
公開講座
開講日
11月11日  甲府サッカー
11月25日  医学部(中央市)サッカー
12月 2日  甲府サッカー
12月 9日  柔道・護身術
12月16日  医学部(中央市)サッカー
 1月20日  柔道・護身術
 1月20日  医学部(中央市)サッカー
 1月27日  甲府サッカー
 2月 3日 柔道・護身術
 2月10日 医学部(中央市)サッカー
 2月24日 甲府サッカー
担当講師 教育学部 小山勝弘 教授(柔道・護身術)・加藤朋之 准教授(サッカー)
補助講師:山梨大学柔道部員・蹴球部員・女子蹴球部員
受講料 無料 ※ 傷害保険は必ず各自で加入願います。
実施場所 【柔道・護身術】  山梨大学甲府キャンパス柔道場
【医学部サッカー】 山梨大学医学部キャンパスグラウンド(中央市)(雨天時中止)
【甲府サッカー】  山梨大学甲府キャンパスフットサルコート(雨天時中止)
募集人員 医学部(中央市)サッカー:50名程度
甲府サッカー:50名程度
柔道・護身術:30名程度
募集対象 医学部(中央市)サッカー/甲府サッカー:小学生以下男女、高校生以下女子  
柔道・護身術:中学生以下男女(年齢、技術レベル等のグループに分かれて活動します)
募集期間 2017年10月10日(火)~10月27日(金)
申込方法
 

メール・FAX・郵送で受けつけます。※ 電話での申込は受付しておりません

メールの場合
下記の申込書をダウンロードしていただき、必要事項を記入のうえ、添付ファイルで送信してください。

電子メールの宛先
e-koukai@(アットマーク)yamanashi.ac.jp 
題名は『楽しいスポーツ教室(エコール・ドゥ・スポーツ)』

FAXの場合
下記の申込書をプリントアウトしていただき、必要事項を記入のうえ、教育学部公開講座担当(FAX:055-220-8791)まで送信してください。

郵送の場合
下記の申込書をダウンロードしていただき、必要事項を記入のうえ郵送してください。
【10月27日(金)必着です】

申込書 申込書(word版) 申込書(PDF版)
宛先 〒400-8510 甲府市武田4-4-37 
山梨大学 教育学部公開講座担当
TEL:055-220-8104/FAX:055-220-8791
問合せ先 【講座内容、連絡等に関する問合わせ先】
教育学部 加藤研究室 055-220-8203  
雨天時問い合わせ先:090-1731-3210
E-mail: tomo-kato@(アットマーク)yamanashi.ac.jp
備考

※ 柔道・護身術コースは、柔道着が必要です。授業の際に購入できます。(柔道着の価格は、4~5千円を予定しています。) 

  

すこやかに生きる…

「ロコモティブシンドロームを御存知ですか?~美しいエージングとは~」
 今年の「すこやかに生きる」は、「ロコモティブシンドロームを御存知ですか?~美しいエージングとは~」という題で開催致します。
 健康寿命を延ばすこと、すなわち、元気で長生きすることは個人にとっても社会にとっても大切なことです。「メタボ」、「ロコモ」、「フレイル」は健康寿命延伸の重要な健康課題です。「メタボ(メタボリックシンドローム)」は多くの方がご存知だと思います。しかし、「ロコモ(ロコモティブシンドローム:運動器不安定症)」や「フレイル(高齢者の虚弱)」はまだまだ馴染みのない言葉です。
 今年のすこやかに生きるは、元気で長生きをするめに、「ロコモ」について学習したいと思います。
                                                                                      主催・山梨大学医学部    共催・山梨医学会

開催日時 平成29年12月9日(土)13:00~15:15
会  場 山梨大学医学部キャンパス(中央市)臨床講義棟大講義室
対象者 一般市民
演題と講師
講演内容
「ロコモティブシンドロームへの対策:美しいエージングとは」60分
                    整形外科学教授 波呂浩孝


 2016年4月の本邦の統計によると、全人口に占める65才を超える高齢化率は28.2%であり、男性25%、女性31%でした。平均寿命は男性81才、女性87才ですが、日常生活に制限のない期間(健康寿命)はそれぞれ70才、74才でした。つまり男女ともに10年以上介護を要する期間が存在します。骨粗鬆症による背骨や大腿骨の骨折、脊柱管狭窄症、変形性関節症など多くの運動器の障害によって介護を要する状態あるいはそのリスクが高い状態をロコモティブシンドロームといいます。誰もが高齢者になるわけですが、そのためには介護にならないための準備が必須です。今回の講義で、運動器の加齢性変化と適切な対策を学習して、健康で美しい元気なエージングを達成しましょう。
演題と講師
講演内容
「ロコモティブシンドロームの予防体操」30分
医学部附属病院リハビリテーション部 理学療法士 遠藤 浩
医学部付属病院リハビリテーション部 作業療法士 樫山あさみ


 ご家庭でできるロコモティブシンドロームを予防する体操を紹介します。
質疑応答  
司  会 健康・生活支援看護学 准教授  谷口 珠実
コーディ
ネーター
社会医学 教授  山縣然太朗
健康・生活支援看護学 准教授  谷口 珠実
募集期間 現在~平成29年12月1日(金)8:30~17:00(土・日・祝日を除く)
募集人員 150名(先着順)
受講料 無 料
修了証書 所定の課程を修了した方に修了証書を授与します。
申込方法

(1)直接来学して申し込む場合: 下の申込書に記入して学務課窓口で手続きをしてください。
(2)郵送により申し込む場合: 下の申込書に氏名,住所,電話番号を明記して申込先に送付してください。
(3)FAXにより申し込む場合: 下の申込書に氏名,住所,電話番号を明記して申込先にFAXしてください。
(4)電子メールにより申し込む場合:氏名,住所,電話番号を明記し下記アドレスに送信してください。
    E-mail : kokaikoza@ml.yamanashi.ac.jp
   ※ただし、メールにより申し込む場合は、題名を「公開講座申込」としてください。

申込書 受講申込書(word)  申込書(PDF)
申込先及び
問合せ先

山梨大学学務課公開講座担当(医学部キャンパス管理棟1階)
〒409-3898  山梨県中央市下河東1110番地
 ℡ 055-273-9334 FAX 055-273-6742

山梨大学
医学部
キャンパス
案内図

  

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。   Adobe Reader     
Adobe Readerは、無償でダウンロードすることができます。