免許と資格(教育学部)

それぞれが目指す現場に向かって力強く羽ばたけるよう、一人ひとりをサポートします

さまざまな志を持つ、個性豊かな学生達。その興味を満たし、将来、学校あるいは社会の諸現場で存分に活躍できるように、必要な免許や資格を取得するための多彩な講座を開講しています。

教員免許状

学校教育課程では、卒業に必要な単位(卒業要件)を修得することにより、教員になるために必要な教員免許状を取得できます。取得できる免許状は、コースによって異なります。なお、言語教育コース、生活社会教育コース、科学教育コース、芸術身体教育コースでは、1年次終了時に、自分の意思で主とする免許状の教科を決定します。

教員免許状の種類

教員免許状には、『一種』『二種』『専修』の3種類があり、一般的には、大学院修士課程を卒業すると『専修』、大学を卒業すると『一種』、短大を卒業すると『二種』の教員免許状が取得できるとされています。しかし、厳密には取得単位数の違いによる区分なので、大学を卒業すれば必ず一種が取得できるというわけではありません。

山梨大学では、それぞれのキャリア設計に従い、必要な免許を無理なく取得できるよう卒業要件を定めています。そのため、コースによっては、卒業要件を修得するだけでは二種しか取得できない免許も出てきますが、本人が努力し、所定の単位を修得することで、一種免許を複数取得することも充分に可能です。

  小学校教諭1種 小学校教諭2種 中学校教諭1種※ 中学校教諭2種※ 特別支援学校教諭1種 幼稚園教諭1種 幼稚園教諭2種
幼少発達教育コース      
障害児教育コース /        
言語教育コース      
生活社会教育コース      
科学教育コース      
芸術身体体育コース      

※中学校と高等学校の教諭は、教科ごとに免許が分かれています。所定の単位を修得すれば、高校教諭の免許取得が可能です。

【表の見方】

◎:卒業要件のみで修得できます。

/:申請すれば取得することができますが、その必要がない免許です。

○:(幼少発達教育コース):
①「小学校教諭1種と幼稚園教諭2種」もしくは、②「小学校教諭2種と幼稚園教諭1種」どちらかの組み合わせでの取得となります。

○:(幼少発達教育コース以外):
①「小学校教諭1種と中学校教諭2種」もしくは、②「小学校教諭2種と中学校教諭1種」どちらかの組み合わせでの取得になります。また、中学校の教科は以下のとおりです。
  ・言語教育コース(国語又は英語)・生活社会教育コース(社会科又は家庭)
  ・科学教育コース(数学、理科又は技術)・芸術身体教育コース(音楽、美術又は保健体育)

空欄:
卒業要件に加えて、所定の単位を修得すれば、免許を取得することができます。

教員養成に対する理念・構想

教員養成に対する理念・構想

教員免許状に関連して取得できるその他の資格

  • 学校図書館司書教諭資格
    小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、いずれかの教員免許取得が条件

その他の資格

必要な単位を修得することにより資格等が取得できます。

  • 学芸員
  • 社会教育主事
  • 日本語教員養成プログラム※
  • スポーツリーダー・スポーツプログラマー・ジュニアスポーツ指導員
  • 健康運動指導士・健康運動実践指導者
  • (財)日本サッカー協会公認コーチ

※「日本語教員養成プログラム」は山梨大学より修了証を発行します。