山梨大学と山梨県立大学の連携により新たな可能性

山梨大学と山梨県立大学は設置形態(国立と公立)を超えた連携により、
学生の皆様により良い教育環境を提供いたします。

 山梨大学と山梨県立大学は、大学相互間における各種連携事業を円滑に実施するため、共同で「一般社団法人 大学アライアンスやまなし」を令和元年12月18日に設立し、教育分野のみならず、様々な分野において連携事業を展開しています。
 大学アライアンスやまなしは、令和3年3月29日に全国初となる「大学等連携推進法人」の認定を受け、今後は認定に伴う「教学上の特例措置」を活用した事業にも積極的に取り組んでいきます。

令和3年4月からは連携開設科目がスタート!

 令和3年4月から、教学上の特例措置を活用して教養教育分野を中心に「連携開設科目」を開講します。連携開設科目に位置付けられますと、山梨県立大学の科目でも山梨大学の科目とみなすことが可能となります。連携開設科目で修得した単位を学士課程では30単位を上限に卒業必要単位数に含めることができるため、これまで以上に幅広い分野を学ぶことができます。
 令和3年度は、山梨大学において開講科目数が少なかった文系科目(人文科学・社会科学分野の科目)の充実を図るべく、山梨県立大学が主幹大学として開講する15科目を連携開設科目としました(具体的な科目についてはこちらの電子シラバスをご覧ください)

(参考サイト:文部科学省HP)
大学等連携推進法人
大学等連携推進法人の認定について
大学等連携推進法人に係る教学上の特例について
連携開設科目の概要

そのほかにも多様な事業を展開

 教育分野に限らず、既に多様な連携事業を展開しています。具体的には、図書館や体育館などの施設の共同利用を図り、学生生活の利便性を高めています。また、連携によるスケールメリットを活かした手厚い学生支援(希望職種に応じたガイダンスやセミナーの合同実施など)を行っていく予定です。

◇図書館の相互利用ができます!

 図書の貸出・返却、文献複写による電子ジャーナル提供など

◇両大学の就職活動のサポートが受けられます!

 就職ガイダンスやセミナーへの参加、キャリアセンターの利用など

◇大学施設の相互利用ができます!

 クラブ活動やサークル活動を行う際、講義室や体育館利用など

◇山梨県立大学の学生は山梨大学の学生寮・留学生宿舎が利用できます!

 山梨大学学生寮の詳細はこちらをご覧ください。
 なお、希望者は選考により決定されます。条件等により入寮できない場合があります。

今後について

 両大学の代表者から構成される6つの検討WG(教養教育、幼児教育、教職課程、看護教育、社会科学・地域貢献、管理運営)において、様々な連携事業の実施に向けた検討を推し進めていきます。一例を挙げますと、“連携開設科目”の対象を教養科目から専門科目にまで拡張することや将来的には両大学の教育資源を活用することで、新たに共同教育課程の設置等についても検討を行っていきたいと考えています。
 詳細や活動状況については一般社団法人大学アライアンスやまなしのHPをご覧ください。