【体験イベント】マイクロマニュピュレーターによる最先端の顕微操作の体験

2017年9月25日 イベント

 現在、文部科学省東館2階エントランス(東京都千代田区霞が関3-2-2)に、本学発生工学研究センターの活動・研究成果として「クローン技術及び宇宙生殖実験」を展示しています。(10月23日(月)まで展示)
 ※(参考)・情報ひろばHP ・本学HP
 この関連イベントとして、マイクロマニュピュレーターの体験イベントを企画しました。
 クローンマウスを作るために必要な「マイクロマニュピレーター」なしには研究は始まりません。世界初の体細胞クローンマウスの作成や1匹のドナーマウスから600匹以上のクローンマウスを作り出すことに成功した世界最先端のクローン技術など、ほとんどすべての実験はこの装置を駆使して行われています。
 マイクロマニピュレーターを実際に操作し、肉眼では見ることの出来ない卵子や精子を見てみませんか?クローン研究の第一人者である同センター長・若山照彦教授の実演も予定しております。
 事前の申込みは不要、どなたでもご参加できます。ぜひお越し下さい。

【日程】平成29年10月11日(水)11:30~15:00
【場所】文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
  銀座線「虎ノ門駅」11番出口直結、千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口徒歩5分
  http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm
【紹介HP】http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/event/index.htm
【お問い合わせ先】山梨大学発生工学研究センター支援室
 〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37
 TEL:055-220-8076  E-mail:koho@yamanashi.ac.jp