「手でみるプロジェクト2021」開催について

2021年10月6日 イベント

 この度、本学・山梨県立大学・山梨県立美術館・イタリア アンテロス美術館の共催により、下記の通り「手でみるプロジェクト2021」及びその関連イベントを開催します。
 本展は、実際に作品を手で触れて鑑賞することで絵画や彫刻などをよりわかりやすく体感できる展覧会・ワークショップ プロジェクトです。参加無料、皆さまのご参加をお待ちしております。(展覧会では感染対策として薄手の手袋をご用意し、入室人数制限がございます。)

【展覧会】手でみるプロジェクト2021
【日時】2021年10月23日(土)13:30~15:00
【会場】山梨県立美術館講堂
【内容】イタリアのアンテロス美術館から共同制作のレリーフ教材鑑賞法とその制作過程についてのお話
【催し物】「イタリア ふれて鑑賞できる美術館からのメッセージ」
     「手でみる絵画 ミレー「種をまく人」レリーフ鑑賞会」
【申し込み】以下の申し込みフォームからお申し込みください。
●鑑賞会・zoom配信申し込み先フォーム
【申し込み期限】2021年10月1日(金)〜20日(水)
※オンラインは200名まで先着、zoomURLをお送りします。期間外定員後の受付・返信はできません。

【関連イベント①】
「ふれてみる展覧会2021」
【日時】2021年10月22日(金)〜24日(日) 10:00〜17:00(初日13:00から、最終日16:00まで)
【会場】山梨県立図書館交流ルーム101・102
【内容】日本と台湾の若手作家の彫刻や触れて楽しむ絵本などを展示します。
    ※感染対策として手袋をしていただきます。
【催し物】
・ワークショップ「台湾作家との交流鑑賞・ワークショップ つなぐ-つながる」
講師:山梨大・山梨県立大の学生、出品者
日時:10月22日(金)10:00〜12:00
会場:山梨県立図書館 交流ルーム102
対象:山梨県立盲学校小学部 児童
※一般参加募集は今年度はございません。 

・レクチャー1「『ふれてみる展』台湾から」
日時:10月22日(金)15:00〜15:35
会場:オンラインによる配信型
講師:台湾の出品者
対象:学生対象・事前希望者として学外者も受け入れ可。
申し込み:以下申し込みフォームからお申し込みください。
     ●「『ふれてみる展』台湾から」申し込みフォーム
申し込み期限:2021年10月20日(水)

・レクチャー2「ふれてみる絵本の魅力 イタリアから」
日時:10月22日(金)15:40〜16:35
会場:オンラインによる配信型
講師:森泉文美氏
対象:学生対象・事前希望者として学外者も受け入れ可。
申し込み:以下申し込みフォームからお申し込みください。
     ●「ふれてみる絵本の魅力イタリアから」申し込みフォーム
申し込み期限:2021年10月20日(水)

【関連イベント②】
「用手去看見世界 手でみる美術展 in台湾」
【日時】2022年1月9日(日)〜11日(火)10:00〜17:00
【会場】台湾 台北板橋435藝文特區
【内容】台湾と日本の若手作家の彫刻を展示します。
    ※感染状況を鑑みて触れる鑑賞を行います。

・ワークショップ「ちいさな彫刻をつくろうin台湾」
日時:2022年1月9日(日)13:30〜15:00
会場:板橋435藝文特區
講師:出品者(現状では講師渡航予定・感染拡大時はオンライン)

・出品者解説「触れてみる鑑賞会」
日時:2022年1月9日(日)11:00〜12:00
会場:板橋435藝文特區
   ※オンラインで日本と台湾をつなぎます
対象:山梨県立盲学校小・中学部 児童・生徒 (オンライン参加)・台北近郊市民

【お問い合わせ先】
「手でみるプロジェクト」 事務局
担当:山梨大学 教育学部 武末裕子
E-mail:htakesue@yamanashi.ac.jp