平成29年度やまなし観光カレッジ修了証交付式を挙行

2018年1月22日 トピックス

 平成30年1月16日(火)、甲府キャンパスにおいて、平成29年度やまなし観光カレッジ修了証交付式を挙行しました。

 同カレッジは、山梨県が推進する事業で、大学生の声を観光振興に活かすため、県と県内大学が連携し山梨の魅力や観光産業について学ぶ講座を実施するもので、修了要件を満たした学生には県知事から修了証が交付されます。

 本学は、山梨県の魅力である自然環境や地場産業等について理解を深める目的で全学共通教育科目「山梨学」を開講しています。外部講師による講義や現地視察の他、観光産業の課題と解決策を考察するレポートの提出等を課しており、今年度は29名が修了しました。

 交付式では、堀 哲夫 理事・副学長及び本学で「山梨学」を担当した尾藤章雄 教育学部教授が挨拶をし、その後、市川美季 山梨県観光部次長から修了証が手渡され、修了生を代表して生命環境学部1年の羽根田 篤さんが講義の感想とお礼を述べました。

最後に市川次長が「皆さんが提出したレポートはとても貴重で有意義な意見でした。今後もぜひ山梨の観光産業に目を向け、提言を続けて下さい」と学生を激励しました。