修士課程2年の正岡翔さん及び1年の荒木大輝さんが第14回地盤工学会関東支部発表会で優秀発表者賞

2017年12月20日 トピックス

 平成29年11月17日(金)、栃木県総合文化センター(栃木県宇都宮市)で開催された公益社団法人地盤工学会関東支部主催「第14回地盤工学会関東支部発表会(GeoKanto2017)」で、修士課程工学専攻土木環境工学コース2年の正岡翔さん(指導教員:後藤 聡 工学部准教授)及び1年同コースの荒木大輝さん(指導教員:荒木功平 工学部助教)が優秀発表者賞を受賞しました。

 正岡さん及び荒木さんの内容とコメントは以下の通りです。

■正岡さん
 タイトル「伊豆大島における降下火山砕屑物の含水比と一面せん断特性に関する研究」(共著者:後藤准教授)

 内容:伊豆大島における降下火山砕屑物としての火山灰の含水比と強度特性の関係について検討したもので、火山灰の飽和度を変化させた際、飽和度の変化によるせん断応力の相違は小さいとしています。

 コメント「私の力だけでなく、ご指導いただいた後藤准教授を始め、共に研究してきた地盤工学研究室の皆様のお力添えがあったからこそ受賞できました。深く感謝致します。今回の受賞を励みに、より一層研究に邁進していきたいです」

■荒木さん
 タイトル「MRIを用いた層構成地盤の浸透挙動評価に関する研究」(共著者:荒木助教、舛谷敬一 工学部教授、大西 洋 医学部放射線医学講座教授、坂本 肇 医学部附属病院放射線部診療放射線技師長、熊谷博司 同部副診療放射線技師長、工学部4年の柏原史弥さん)

 内容:層構成地盤における層境界に着目し、地中の浸透挙動を本学医学部附属病院の医療用MRIを用いて撮像し、その画素値から、時間~距離~土中水分関係を定量的に評価しました。これにより、層境界付近における複雑な浸透挙動を明らかにしました。

 コメント「ご指導いただいた荒木助教や舛谷教授を始め、地盤工学研究室、医学部放射線医学講座、医学部附属病院など多くの方々のご協力、本当に有難うございます。今後もこのような賞をいただけるよう、研究に邁進していきたいです」

 第14回地盤工学会関東支部発表会HP