研究生・科目等履修生

研究生は、本学(学部、大学院)において特定の事項について研究することを志願する方に対して、教育研究に支障のない場合に、選考の上、研究生として入学を許可するものです。
科目等履修生は、本学(学部、大学院)で開講している一科目又は複数の授業科目を履修することを志願する方に対して、授業に支障のない限り、選考の上、入学を許可するものです。
その授業科目を履修し、試験等で一定の成績を修めると単位が与えられます。

規定について

下記の資料(PDFファイル)をダウンロードし、ご覧ください。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無償でダウンロードすることができます。

修士課程・博士課程

教育学研究科

修士課程
  教育支援科学専攻
教科教育専攻
教職大学院の課程
  教育実践創成専攻

医工農学総合教育部

表の(※)部分に関する入学資格等については、医学域学務課大学院担当へお問い合わせください。(TEL:055-273-9627)

修士課程
  生命医科学専攻(※)
看護学専攻(※)
工学専攻
生命環境学専攻
4年博士課程
  先進医療科学専攻(※)
生体制御学専攻(※)
3年博士課程
  ヒューマンヘルスケア学専攻(※)
人間環境医工学専攻 生命情報システム学コース
生体環境学コース(※)
機能材料システム工学専攻
情報機能システム工学専攻
環境社会創生工学専攻

出願資格

教育学部、工学部、生命環境学部

研究生

  • 大学を卒業した方
  • 前号以外の方で、学部において大学を卒業した方と同等以上の学力を有すると認めた方

科目等履修生

  • 高等学校又は中等教育学校を卒業した方
  • 前号以外の方で、学部において高等学校又は中等教育学校を卒業した方と同等以上の学力を有すると認めた方

教育学研究科、医工農学総合教育部

研究生、科目等履修生

修士課程に入学を希望することのできるのは、次の各号のいずれかに該当する方とする。

  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)第83条に定める大学(以下「大学」という。)を卒業した方
  • 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された方
  • 外国において、学校教育における16年の課程を修了した方
  • 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した方
  • 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した方
  • 文部科学大臣の指定した方
  • 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した方
  • 大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと大学院において認めた方
  • 大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方で、22歳に達した方

医工農学総合教育部3年博士課程に入学を希望することのできるのは、次の各号のいずれかに該当する方とする。

  • 修士の学位又は学校教育法第104条第1項に規定する専門職大学院の課程を修了した者に授与される文部科学大臣の定める学位(以下この条において「「専門職学位」という。)を有する方
  • 外国において、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された方
  • 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された方
  • 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された方
  • 国際連合大学本部に関する国際連合と日本国との間の協定の実施に伴う特別措置法(昭和51年法律第72号)第1条第2項に規定する 1972年12月11日の国際連合決議に基づき設立された国際連合大学(以下「国際連合大学」という。)の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与 された方 
  • 外国の学校、第4号の指定を受けた教育施設又は国際連合大学の教育課程を履修し、大学院設置基準第16条の2に規定する試験及び審査に相当するものに合格し、修士の学位を有する方と同等以上の学力があると認められた方
  • 文部科学大臣の指定した方
  • 大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する方と同等以上の学力があると認めた方で、24歳に達した方

手続きについて

平成29年度10月入学予定の研究生、科目等履修生の出願について、出願要項を確認のうえ、手続きを行ってください。

平成29年度(10月入学) 研究生、科目等履修生 出願要項

 

窓口案内

学部 担当係 場所 電話番号
教育学部、
教育学研究科
教育学域教務担当 J号館1階 055-220-8729
または
055-220-8732
工学部、
医工農学総合教育部
(工学専攻、工学領域等)
工学域教務担当 A-2号館2階 055-220-8738
または
055-220-8733
生命環境学部
医工農学総合教育部
(生命環境学専攻)
生命環境学域教務担当 生命環境学部事務棟 055-220-8807
または
055-220-8808
教務課 総合研究棟2階 055-220-8736
または
055-220-8737

このページに対するご意見,ご希望等はこちらへ
【メールアドレス】kyoumu@(アットマーク)yamanashi.ac.jp(教務担当)