教育研究支援基金

設立のご案内とご協力のお願い

募金趣意書

omuraf1山梨大学は「地域の中核、世界の人材」というキャッチ・フレーズを掲げて、地域の産業・文化・教育・医療の中核を担うことのできる、高い知的能力 と道徳意識を持った高度専門職業人の育成を重要な使命としています。この使命を達成するために、高度な研究を推進し、その成果を広く社会に提供していま す。また、これら高度な研究を推進する過程で、優れた課題探求能力と応用力を持った国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。この結果、これまでに 本学から、実社会の様々な領域の中核として活躍する優秀な人材が輩出しています。従って、今後も本学が魅力ある特色を持った大学であり続けるためには全教 職員が協力して、教育、研究機能の質を一層高めることが、必要不可欠です。

一方、大学改革促進係数による大学への運営費交付金の毎年の減額は、人件費、管理費、研究費などの配分の根本的な見直しを迫っており、本学は厳しい財政 状況に直面しています。この厳しい現実の中で、本学の機能をより向上させ、大学に求められる使命を果たすため、平成17年6月に「山梨大学教育研究支援基金」を創設致したところ、同窓会をはじめ広く関連各位の格別のご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。本基金へのご寄附は、教育研究活動の充実、 修学環境整備や国際交流の支援等のため、大切に使用させていただいております。

皆様方には、今後も引き続き、本基金の趣旨にご賛同をいただき、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ▼ 募金のご案内

    • 募金の目的

      「国立大学法人山梨大学教育研究支援基金」への支援

      ご協力をお願いする金額

      1口  10,000円

          (本基金の趣旨をご理解いただき、なにとぞ複数口のご協力をお願いいたします)

      募金の対象者

      卒業生、修了生、教職員(退職者を含む)及び企業並びに趣旨に賛同される方々にお願いしておりますので、ご協力いただければ幸いです

      募集期間

      平成17年6月1日から

      目標額

      5億円

      ご寄附の振込方法

      専用の振込用紙をご利用ください。
      専用用紙の場合、全国の郵便局と山梨中央銀行での振込みには、本学が振込手数料を負担します。他の銀行などをご利用の場合は、振込金額とは別に振込手数料が掛かりますので、ご注意願います。
      専用用紙がお手元にない場合は、下記の事務局までご連絡ください。

      ※ATM及びネットバンキング等による振込の場合は、住所等が不明のため領収書等を発行・送付させていただくことができませんので、お手数ですが必ず専用用紙をご利用ください。

       ご寄附をいただいた皆様のご芳名を、ホームページ等で公表する予定ですが、掲載を希望されない方は、専用用紙の通信欄または裏面のチェック欄にチェックをしてください。

      基金のしおり

      基金のしおり(準備中)

      問い合わせ先

      山梨大学教育研究支援基金事務局
      電話055-220-8358(財務管理課内)
      E-mail kikin@(アットマーク)yamanashi.ac.jp

  • ▼ 設立の目的

    • 設立の目的

      「国立大学法人山梨大学教育研究支援基金」は、山梨大学のひとつの組織として、社会からのご寄附の受け皿となり、もって山梨大学の目的・使命を達成する一助となることを目的として設立しました。

      基金が行う事業の概要

      教育研究活動の充実とそのための環境整備の支援

      ・教育研究に対する助成と、教育研究のための施設設備の充実
      ・海外からの優秀な研究者の受け入れや海外での調査研究活動の支援 など

      学生の修学環境整備と国際貢献事業の支援

      ・学生のための教育機器の充実
      ・学生の海外留学や外国人留学生の支援 など

      地域社会貢献事業の支援

      ・大学が保有する資料などの公開事業
      ・公開講座の開設や図書館の開放などの支援 など

      キャンパス内の環境整備事業の支援

      ・キャンパス内の緑化推進事業
      ・グランド整備や講義室整備などの支援 など

      基金の運営方法

      基金は、山梨大学への寄附金として、公正・明瞭に支出します。
      基金管理運営委員会を設置し、年間の事業計画や収入・支出計画を作成します。
      なお、各事業年度の決算につきましては、広報誌送付時に同封いたします。

      この基金へご寄附をされた皆様には、次のような取扱いがあります

      ・大学広報誌の送付
      ・寄附者のご芳名を、ご希望によりホームページで公表
      ・20万円以上の寄附者のご芳名の銘板を、ご了承を得て学内に掲示
      ・累計額100万円以上の高額のご寄附をされた方への感謝状贈呈 など

      税法上の措置

      この基金へのご寄附は、次のような税法上の措置があります。

      個人からのご寄附:2千円を超える部分について、所得からの控除を受けることができます。(総所得金額等の40%を上限)(所得税法第78条第2項第2号)また、お住まいの地域の地方自治体の定めにより、個人住民税についても、寄附金税額控除を受けることができます。
      法人からのご寄附:寄附金全額が損金算入可能です。(法人税法第37条第3項第2号)

  • ▼ 国立大学法人山梨大学教育研究支援基金管理運営規程

    • 趣旨

      第1条

      この規程は、国立大学法人山梨大学(以下「本学」という。)の目標を達成するために必要な各種事業の支援を目的とする国立大学法人山梨大学教育研究支援基金(以下「基金」という。)の管理運営について、必要な事項を定めるものとする。

      事業

      第2条

      基金は、次の各号に掲げる事業の支援を行うものとする。
         (1) 本学の修学環境整備事業
         (2) 本学の国際交流事業
         (3) 本学の留学生支援事業
         (4) 本学の研究施設、設備の充実事業
         (5) 本学の地域社会貢献事業
         (6) 本学のイメージアップ戦略の実施事業
         (7) その他本学の目的達成に必要な事業

      基金の運営と特定基金

      第3条

      基金が行う事業の支援は、基金あての寄附金をもって充てる。
      2、基金が行う事業の支援のうち、特定の事業の支援に限定した特定基金を置くことができるものとし、必要な事項は、別に定めるものとする。

      管理運営委員会

      第4条

      基金の管理運営に関する次の事項を審議するため、教育研究支援基金管理運営委員会(以下「管理運営委員会」という。)を置く。
         (1) 基金の予算及び決算に関すること。
         (2) 基金の事業計画に関すること。
         (3) 寄附金の受入れに対する審査及び決定に関すること。
         (4) 寄附者への謝意の表明に関すること。
         (5) その他基金の管理運営に関すること。
      2、管理運営委員会の委員は、次の者で構成する。
         (1) 学長
         (2) 理事
         (3) 副学長
       (4) 各学域長
         (5) 全学同窓会長
       (6) 各学部同窓会の代表者
         (7) その他学長が指名する者
      3、管理運営委員会に委員長を置き、学長をもって充てる。

      基金に係る受入れ及び経理事務の取扱い

      第5条

      基金に係る受入れ及び経理事務の取扱いは、国立大学法人山梨大学奨学寄附金取扱規程によるもののほか、必要な事項は学長が定めるものとする。

      事業年度

      第6条

      基金の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

      事務局

      第7条

      基金の管理運営に関する事務を処理するために事務局を置き、その事務は財務管理課で処理する。

      雑則

      第8条

      この規程に定めるもののほか、基金の管理運営に関し必要な事項は、別に定める。

      附則

      1、この規程は、平成17年6月1日から施行する。
      2、この規程施行の年度に限り、その事業年度は、第6条の規定にかかわらず、施行日から翌年3月31日までとする。

      附則(平成18年3月22日)

         この規程は、平成18年4月1日から施行する。

      附則

      この規程は、平成26年4月23日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

      附則

      この規程は、平成28年3月29日から施行し、平成27年12月1日から適用する。