シンボルマーク・キャッチフレーズ

キャッチフレーズ

「地域の中核、世界の人材」

山梨大学は、豊かな教養と高い倫理性を持ち、広い教養と深い専門性を身につけた学生・教職員を育むことにより、知と技術における「地域の中核」となると同時に世界の平和と人類の福祉に貢献できる「世界の人材」を養成することを目標としています。

シンボルマーク

シンボルマークたわわに実った葡萄の房が輝く太陽の光に照らされているところを立体的にデザインしました。

繋がった円は、「学問の融合」と、本学が育んだ教育・研究の情報が地域さらには世界に向けて発信され、再び本学に戻ってくるという「循環的な相互関係」を、そして、独立した円は、輝く太陽と新しい山梨大学が希求する理念を表現しています。

葡萄は、古くから生命や知識、そして文化のシンボルとして知られています。
太陽の光があたった葡萄は、山梨大学がますます国際社会に貢献していく理想像も重ね合わせています。