連続市民公開講座のご案内(第5回「材料を加工し地域を活性化」)

2015年8月25日 イベント

連続市民公開講座のご案内(第5回「材料を加工し地域を活性化」)

日程 平成27年9月19日(土)
場所 山梨大学 甲府東キャンパスA2-21教室

 山梨大学は今年度も読売新聞甲府支局と共催し、「地を識る~知の拠点から~」と題した全10回の連続市民講座を開催します。

 今年度のテーマは、「地を識る~知の拠点から~」。音楽や歴史、材料加工や細胞研究、地域づくりや地域医療など、多岐にわたるテーマについて、分かりやすく解説します。

 4月から来年3月まで毎月(8月と1月を除く)第3土曜日に山梨大学の教員が登壇し、専門の分野を図解などを用いて分かりやすく解説します(11月のみ第2土曜日)。7回以上出席した聴講者には修了証書「Master of Community Knowledge」を授与させていただきます。

第5回「材料を加工し地域を活性化」

 材料には金属、プラスチック、セラミックスなど色々な種類があります。また、加工技術も溶接、塑性加工、接着、表面処理など各種の方法があります。材料と加工技術を組み合わせることにより、材料を接合したり、新しい機能を付けたりすることができるようになり、元の材料とは全く違った特性を与えることが可能になります。
 山梨大学では、地元の企業と一緒になって、この様な新しい物を作り出す研究を行っており、研究成果を企業の製品に適用することで、企業の新しい製品づくりに役立っています。このような取り組みによって、地域の活性化に大きく貢献しています。

【講 師】 工学部 教授 園家啓嗣
【実施日】 平成27年9月19日(土)
【会 場】 山梨大学 甲府東キャンパスA2-21教室(キャンパスマップ)
【時 間】 午後1:30~3:00まで(午後1:00開場)
【定 員】 330人
【受講料】 無料
【申込方法】 申込が無くても聴講は可能です。
【問い合わせ先】

  • 電話: 055-220-8044(もしくは8043)
  • FAX: 055-220-8796
  • 電子メール: koukai-kouza@yamanashi.ac.jp
    詳細は、連続市民講座をご覧ください。