連続市民公開講座のご案内(第4回「ヒーロー誕生の物語」)

2015年6月26日 イベント
日程 平成27年7月18日(土)
場所 山梨大学 甲府東キャンパスA2-21教室

 山梨大学は今年度も読売新聞甲府支局と共催し、「地を識る~知の拠点から~」と題した全10回の連続市民講座を開催します。

 今年度のテーマは、「地を識る~知の拠点から~」。音楽や歴史、材料加工や細胞研究、地域づくりや地域医療など、多岐にわたるテーマについて、分かりやすく解説します。

 4月から来年3月まで毎月(8月と1月を除く)第3土曜日に山梨大学の教員が登壇し、専門の分野を図解などを用いて分かりやすく解説します(11月のみ第2土曜日)。7回以上出席した聴講者には修了証書「Master of Community Knowledge」を授与させていただきます。

第4回「ヒーロー誕生の物語 ~甲州地誌「裏見寒話」を読み解く~」

 信玄堤、三分一湧水に、ほうとう。山梨の名所旧跡・名物の由来に信玄の名はつきものです。もし信玄が世に現れなかったら、これらはどのように語られていたのでしょうか。
 本講座では、「裏見寒話」という江戸時代の甲斐国の地誌に記された、信玄の誕生伝説を読み解き、信玄という英雄像の形成について扱います。伝説には信玄誕生前後に武田家に起きた不思議な現象が語られていますが、それぞれのエピソードは、信玄がいかに英雄としての条件を備えて出生したのかが、周到な構成を持って示されています。
 信玄英雄伝説は、泰平な江戸時代に戦国の世を回顧するようにして形成されたと考えられますが、その英雄譚の成立過程とともに、「裏見寒話」という地誌がここ山梨で編纂されたことの意味、甲斐国の高い文化について考えてみたいと思います。

【講 師】 教育人間科学部 准教授 長谷川千秋
【実施日】 平成27年7月18日(土)
【会 場】 山梨大学 甲府東キャンパスA2-21教室(キャンパスマップ)
【時 間】 午後1:30~3:00まで(午後1:00開場)
【定 員】 330人
【受講料】 無料
【申込方法】 申込が無くても聴講は可能です。

【問い合わせ先】

・電 話:055-220-8044(もしくは8043)
・FAX:055-220-8796
・電子メール: koukai-kouza@yamanashi.ac.jp
詳細は、連続市民講座をご覧ください。